2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

秋深くなる・・・

バイカモ撮りに行ってトンボも撮って
085_20100917214215.jpg 087_20100917214214.jpg
赤トンボって顔も赤かったのですか????

最後の写真すいません・・・
虫嫌いの私が目をそむけながら(??)撮りました


086.jpg なんでしょー  クモですよね? エサねらってますよね

.18 2010 昆虫 comment4 trackback0

comment

まりもっこり
目を背けながら撮影っすか~(笑)
写真左下のクモは昆虫ではありませんので・・・除外っと(爆)
写真左上はシオカラトンボ(♂)のようですね。

写真右上は、顔が赤くて身体の赤さがそこそこ強いので、
ナツアカネ、ショウジョウトンボ、ハッチョウトンボ・・・等の
♂かと思いますが、写真からはハッキリ判別しずらいですね。

トンボは、顔の眉斑、羽や胸や尾の模様および色などで判別します。
判別するときは嫌になるくらい種類が多いのに気づきます。(笑)
ときには新種かも・・・な~んて考えたり。(爆)

で、一言で赤とんぼといっても、日本で見られる赤トンボの仲間は、
ナツアカネ、アキアカネ、ミヤマアカネ、タイリクアカネ、タイリクアキアカネ、
マユタテアカネ、マイコアカネ、ヒメアカネ、オナガアカネ、エゾアカネ、
ムツアカネ、リスアカネ、ヒメリスアカネ、ノシメトンボ、コノシメトンボ、
ネキトンボ、キトンボ、オオキトンボ、ベニトンボ、アメイロトンボ、
ウミアカトンボ、ハネビロトンボ、ウスバキトンボ、ショウジョウトンボ、
ハッチョウトンボ・・・と多すぎるくらい居ます(笑)
2010.09.20 15:56
まりもっこり
訂正)
 写真左上はシオカラトンボ(♂)かと思いましたが、
 胸の色が白くないので違う感じが・・・。
 上から撮影した写真があると判別できたかと。(苦笑)
2010.09.20 16:00
ポンママ
まりもっこりさん
クモは昆虫ではないのですかー@@

赤トンボ
ひとまとめにしてたけど
そんなに種類があるなんて・・・@@
驚きばっかりです!

2010.09.20 22:37
まりもっこり
昆虫の定義というと大袈裟になりますが・・・(笑)

昆虫は一般的に言えば(一部例外もあるが)
  (1) 体は、頭部・胸部・腹部の3つから構成されている
  (2) 胸部には節のある脚が3対(6本)ある
  (3) 胸部には2対(4枚)の翅がある
生き物・・・と分類されているようです。

クモは一般的に
  (1) 体は、頭胸部・腹部の2つから構成されている
  (2) 頭胸部には4対の歩脚(8本)と1対の触肢、
    口には鎌状になった鋏角がある
  (3) 翅は無い
と分類されているようです。
2010.09.21 01:17

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ponmamaphoto.blog33.fc2.com/tb.php/761-27e7c490
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。